風水, みよこ先生

【幽体離脱のトリセツ】「万が一、幽体離脱してしまったら?」

2016年1月26日  


双子のお笑い芸人のネタでもお馴染みの“幽体離脱”。実際、ネタのように幽体離脱を経験する人も少なくないとか。今回はもしあなたが幽体離脱をしてしまったときの注意事項をご紹介します。


現実逃避症の人は要注意?Young girl covering her ears over white background

幽体離脱とは、生きている人間の体から魂や意識が抜け出す現象のことを言います。でも、残念ながらまだ私はその経験がないんですね。

スーっと意識が消えて眠りに落ちる瞬間に、まるで服を脱ぐような感覚に陥ったり、横たわる自分を見たと言う人の話を、いろんなところで聞くことがあります。それ自体が夢なのかもしれませんし、本当に起きていることなのかもしれません。

いずれにせよ、まだ医学的にはきちんと証明はされていません。ただ、生き霊が存在するのですから、魂が抜けて飛び回るということも十分に考えられますね。勝手に解釈させてもらうと、これは霊能力的なものだと思う。

疲れていたり、現実の世界から逃げ出したいという逃避願望が強い人が体験するのではないかしら。でも、だからといって、誰もが経験できるものではないし、すぐに幽体離脱してしまう人は、体と心のバランスが取れていないのだと思うんです。


幽体離脱=仮死状態?
Business woman looking the shining cross on the wall

それに、現実の世界とあの世を行き来しているようなものですから、いつ死んでもおかしくない状態です。もし、魂が肉体に戻らなかったとしたら、それは即座に「死」を意味します。三途(さんず)の川を渡ろうとしているときに家族が呼ぶ声がして、渡るのをやめて振り返ったら目が覚めたとか、自分が寝ているまわりをみんなが囲んで泣いてるのを天井から見てたという話をよく聞きますよね。

渡ってしまったら、あの世行きということでしょう? だから幽体離脱ができるというのは、生死をさまよっているようなもの。魂が肉体から抜けてしまい、戻れないと浮遊霊になってしまうこともあります。魂が抜けている間は肉体は仮死状態です。だから、死亡したと思われてお葬式をされて出されてしまったら、もう戻れません。

もちろん、実際にあの世に行ったことを本に書いた人もいるけど、神様は普通の人にはそういうことはさせないから、そういう人は他の人に伝えるために選ばれた人だと思うんです。だから、おもしろ半分に興味を持たないこと。それと、特にマイナス思考の人は気をつけて欲しいと思います。


キュレータープロフィール

みよこ 先生
みよこ 先生
フューチャーリダー

1954年山梨県生まれ。
病を癒す力を持った父の血を受け継ぎ、幼少の頃より不思議な力を発揮。34歳のとき、金色の光に包まれたことをきっかけに体から金粉が出るようになり不思議な力が本格化、運命鑑定を開始する。

それ以来、多くの人を鑑定し続け「先生が念を入れたお米を食べたら結婚相手に巡り合えた」「99%助からないと言われた脳挫傷の青年の頭に先生が手をかざしたら蘇った」等々、数々の奇跡を起こし人々に幸せをもたらしてきたため、「太陽の母」「府中の神様」「フューチャーリーダー」などと呼ばれるようになる。

現在では、東京都府中市を本拠地としながら全国各地でセミナー・講演会等をおこなったり、雑誌やテレビなどでも活躍中で、主婦やOLを中心に学生やお年寄り、某大手企業役員や有名タレントなど幅広い層に支持されている。

2013年には、ウィリアム・レーネン先生と出会い“ソウルヒーラー”と認められる。


ウーマンエキサイトにて占い絶賛配信中
みよこ先生

, , , ,

みよこ 先生 By
フューチャーリダー 1954年山梨県生まれ。 病を癒す力を持った父の血を受け継ぎ、幼少の頃より不思議な力を発揮。34歳のとき、金色の光に包まれたことをきっかけに体から金粉が出るようになり不思議な力が本格化、運命鑑定を開始する。 それ以来、多くの人を鑑定し続け「先生が念を入れたお米を食べたら結婚相手に巡り合えた」「99%助からないと言われた脳挫傷の青年の頭に先生が手をかざしたら蘇った」等々、数々の奇跡を起こし人々に幸せをもたらしてきたため、「太陽の母」「府中の神様」「フューチャーリーダー」などと呼ばれるようになる。 現在では、東京都府中市を本拠地としながら全国各地でセミナー・講演会等をおこなったり、雑誌やテレビなどでも活躍中で、主婦やOLを中心に学生やお年寄り、某大手企業役員や有名タレントなど幅広い層に支持されている。 2013年には、ウィリアム・レーネン先生と出会い“ソウルヒーラー”と認められる。 ウーマンエキサイトにて占い絶賛配信中 みよこ先生