未分類

最新! 家計簿活用テクニック②

2016年4月4日  


お金の出入りを把握することで、よりよいお金との付き合い方のできる家計簿。つけるときの心がまえや、ちょっとした工夫で楽しく続けることができるようです。

 


気分のアガる家計簿アイテムでスタート
Writing Studying Working Planning Concept

スタイルや決まりごとにとらわれず、楽しく続けられる「家計簿」を目指しましょう。使うアイテムは、市販の家計簿でも無地ノートでも手帳でもなんでもOK。表紙を見ていて気分があがるものだったり、手触りのよいもの、自分にとってしっくりくるものを意識してみてください。

家計簿としての機能性や項目の充実度は、つけることが継続できた後で検討項目に加えればよいのです。

 


使うペンを工夫するのがとっても大事!
Child drawing top view. Artwork workplace with creative accessories. Flat lay art tools for painting.

基本的には、黒(字)と赤(字)のペンで良いのですが……、楽しく続けるためには多色使いがおすすめです。

たとえば、お金を使った用途別に仕事=青、趣味=オレンジ、遊び=黄色、投資=金色、などなど色を決めておくとパッと見て支出の多いジャンルが把握しやすいというメリットも。

お給料日や臨時収入のあったときには、特別な色ペンで目立つように記録するのもいいですね。

さらにお気に入りのシールやスタンプを使ってデコレーションするとお金へのポジティブな感覚や、プラスのエネルギーがパワーアップしそうです。

 

お金との付き合い方を見直し、お金持ちになっていく「扉」ともいえる家計簿。続けてこそ効果のあるものだけに、楽しく実践できる工夫が大切なのです。

 


キュレータープロフィール

きくりん
きくりん
しんり探究家

長崎出身。関西の大学院で心理学を学び修士号取得。

1998年から5年ほどTV番組のリサーチャーとして20番組以上の企画制作に携わる。(メインの担当番組は「特命リサーチ200X」)

ヒラメキ力のあるTV番組のリサーチャーとして世界中の情報をウラとオモテから収集。
真実の追求をモットーにした専門的なリサーチ力を活かしたコンテンツ企画・メディア運営には定評がある。

その後、IT業界へ転身。2009年まで、ケータイサイトのコンテンツプロバイダー会社役員として経営やコンテンツプロデュース業に従事。

2010年に独立し、タイへ移住。

現在、しんり探究家として地球問題リサーチやウェブライティング活動中。

Official Facebook
https://www.facebook.com/shinrikikurin>

きくりん By
しんり探究家 長崎出身。関西の大学院で心理学を学び修士号取得。 1998年から5年ほどTV番組のリサーチャーとして20番組以上の企画制作に携わる。(メインの担当番組は「特命リサーチ200X」) ヒラメキ力のあるTV番組のリサーチャーとして世界中の情報をウラとオモテから収集。 真実の追求をモットーにした専門的なリサーチ力を活かしたコンテンツ企画・メディア運営には定評がある。 その後、IT業界へ転身。2009年まで、ケータイサイトのコンテンツプロバイダー会社役員として経営やコンテンツプロデュース業に従事。 2010年に独立し、タイへ移住。 現在、しんり探究家として地球問題リサーチやウェブライティング活動中。 Official Facebook https://www.facebook.com/shinrikikurin>