マネー, きくりん

最新! 家計簿活用テクニック③

2016年4月11日  


お金の出入りを記録して、管理することでムダをなくし「お金持ち体質」へ変わっていくのが期待される家計簿。最新の活用テクニックとして、心の家計簿(メンタル・アカウンティング)をセット利用することでその効果がアップします。

 


心の「満足」を意識しておく
Happy Businesswoman Calculating Tax

何にいくら使ったかのか? 数字だけで把握していくと、思わぬところで衝動買いしてしまったり、予期せぬ散財でいっきに所持金がゼロになるパターンも。

無理なダイエットの反動で高カロリー食に走ってしまうケース同様、過度な節約・倹約は心の家計簿を大幅赤字にして、お金を散財することで穴埋めをしようとするようです。

つねに、心の満足度を意識しながらメンタルが赤字続きにならないようにしておきましょう。

 


お金の分散管理が有効
Frau mit Münzstapel beim Geld sparen

10万円入っている財布から1万円使うときと、3万円入った財布から1万円支払うとき1万円の価値が変動している可能性が。

心の家計簿理論からすると、「お金の価値は常に一定ではない」のです。なので、例えば貯金は分散して、一か所に大きなお金がプールされないようにすれば、浪費の心理的抵抗を高めることもできます。

貯金額が大きい口座から引き出すお金は相対的に小さく感じて、そのものの価値を過少評価することから…… 浪費につながる可能性も。

行動経済学によると、私たちはお金を「現在時点からの移動の大きさ」で見るそうです。

1000万円の口座から1万円減っても0.1%に過ぎませんが、残高が10万円の口座から1万円減れば全体の10%にもなります。貯金の分散管理は、お金の価値をきちんと認識するのにも有効でしょう。

お財布に入れて持ち歩くお金も多すぎないこと。持ちすぎないことが、ムダ遣い防止になるようです。

 

 


キュレータープロフィール

きくりん
きくりん
しんり探究家

長崎出身。関西の大学院で心理学を学び修士号取得。

1998年から5年ほどTV番組のリサーチャーとして20番組以上の企画制作に携わる。(メインの担当番組は「特命リサーチ200X」)

ヒラメキ力のあるTV番組のリサーチャーとして世界中の情報をウラとオモテから収集。
真実の追求をモットーにした専門的なリサーチ力を活かしたコンテンツ企画・メディア運営には定評がある。

その後、IT業界へ転身。2009年まで、ケータイサイトのコンテンツプロバイダー会社役員として経営やコンテンツプロデュース業に従事。

2010年に独立し、タイへ移住。

現在、しんり探究家として地球問題リサーチやウェブライティング活動中。

Official Facebook
https://www.facebook.com/shinrikikurin>

, , ,

きくりん By
しんり探究家 長崎出身。関西の大学院で心理学を学び修士号取得。 1998年から5年ほどTV番組のリサーチャーとして20番組以上の企画制作に携わる。(メインの担当番組は「特命リサーチ200X」) ヒラメキ力のあるTV番組のリサーチャーとして世界中の情報をウラとオモテから収集。 真実の追求をモットーにした専門的なリサーチ力を活かしたコンテンツ企画・メディア運営には定評がある。 その後、IT業界へ転身。2009年まで、ケータイサイトのコンテンツプロバイダー会社役員として経営やコンテンツプロデュース業に従事。 2010年に独立し、タイへ移住。 現在、しんり探究家として地球問題リサーチやウェブライティング活動中。 Official Facebook https://www.facebook.com/shinrikikurin>