恋愛コラム

第1回 「出逢いがない」という言葉は、金輪際やめよう!

モテる方法研究の第一人者でベストセラー著者の藤沢あゆみ先生が、
恋愛に関するお悩みを解決してくれます!

他では読めない藤沢あゆみ先生だから話せるディープな恋愛話をお楽しみください!

「出逢いがない」という言葉は、金輪際やめよう!

はじめまして、藤沢あゆみです。

2003年に作家デビューし、恋愛や人間関係について本を書いています。

この連載では、恋愛作家として、ひとりの女として、27冊出している本にも書いたことがない、踏み込んだことを書いていく所存です。

どうぞお楽しみくださいね。

 

第1回目の今日は、恋愛相談の王道テーマ。

わたしはこれまで25,000件の恋愛相談をしてきましたが、10,000件くらいはこれだったといっていいかもしれません。

それは・・・

「出逢いがない」

わたしも、何度も言ったことがあります。

なんで、いいなと思ったひとは必ず結婚してるか彼氏がいるの~!

と、天を仰ぎそうになったことは何度も。

でも、ある時気づいてしまったんです。

「出逢いがない」

この言葉は、金輪際言うのをやめなければなりません。

いまほんとうに出逢いがなくてもです。

自分を棚に上げて、相手を値踏みする言葉だから?  違うんです。

世の中は、自分が思ってるように見え、そうなっていきます。

たとえば、こんなシーン。

ある日フェイスブックに、意外なひとが結婚しましたってフィードをあげていた。

友達になってて“いいね!”くらいはしあう男性。

同年代くらいで、普通のばりっとしたビジネスマンなその男性。

 

「え?まだ独身だったんだ」

特にタイプじゃないけど、悪くはない男性。

でも・・・そのひとが独身かもしれないなんて、考えてみたこともなかった。

「普通の、ちゃんとした感じのひとは、もう残ってない」

何の根拠もなく、そう思い込んでたりしない?

「出逢いがない」

 

そう思いこんでいると、

自分の日常には出逢いがなく、

自分のいる場所は出逢いがない場所に見え、

あるかもしれない可能性まで見えなくなってしまうのです。

 

出逢いがないと言うたびに、わたしは出逢えない女と宣言し、可能性を刈り取ってた。

値踏みしていたのは、相手じゃなく自分自身のことだったなんて!

「だって、これまで出逢いがなかったし・・・」

そうかもしれません。

でも、単に、自分には出逢いがないと思い込んでたからにすぎないとしたら?

いままでは出逢いがない派だったのを、出逢いはある派に変えればいいだけ。

もしも、明日から、いやたった今からあなたの日常や、あなたのいる場所が出逢いがある場所になれば、昨日までがどんなでもオッケーだと思いませんか?

これまで出逢いがないと思っていた分、今から出逢う感動もひとしおというものです。

 

今日はあなたに、口ぐせにしてほしい言葉があります。

それは・・・

「ありかも」

会社とうちの往復?

女性専用車両に乗らない限り電車の車両にだって半数は男性がいる。

街が女性だけになるなんてことありえないよね・・・ありかも

SNSを見れば男のひとがいっぱい。

いつもいいねくれるあのひとが独身だったら・・・ありかも

昔からの男友達、男として意識したことないけど、一緒にいると楽しいし確か独身、もしかして・・・ありかも

紹介されたあのひと、タイプじゃないと思ってたけど、まだどんなひとかわからないしな・・・ありかも

どうでしょう、出逢いがないと思っていたことにいちいちありかもをつけてみると・・・ほんとうにありかもって気になって来ませんか?

では次回は、これを本当に“ありかも”にしていくお話をしましょう。

どうぞお楽しみに!

ABOUT ME
藤沢あゆみ
藤沢あゆみ

作家

2003年12月作家デビュー、恋愛・人間関係・自己啓発に関する書籍を27冊上梓。
著作累計70万部。作家デビューまでに25,000人の恋愛相談に回答。

独自の人間洞察力ですべてのひとの味方になる、圧倒的にポジティブな恋愛、人生論に定評があり、いまも読者が直接恋愛相談できる場を設けている。

★藤沢あゆみ先生の著書一覧★

★藤沢あゆみ先生の恋愛コラム一覧★

関連記事