恋愛コラム

第2回 もしも、満員電車で密着したおじさんが運命のひとだったら……?

大好評だった第1回目の記事に引き続き、出逢いがない状態を出逢いが溢れる世界にチェンジさせるテクニックのご紹介です!

今回はわかりやすい実践編付き(笑)。

それでは、最後までお楽しみください!

もしも、満員電車で密着したおじさんが運命のひとだったら……?

藤沢あゆみです。

12年間で27冊の恋愛の本を書いてきて、初めてのweb恋愛コラムデビュー。

第1回の記事をほんとうにたくさんの方に読んでいただきました。

ありがとうございます!

担当のKさんもとっても喜んでくださいました。

うれしい!

さて、第2回。

「次が楽しみです~!」と、たくさんのメッセージをいただき、軽くプレッシャーを感じつつおとどけいたします。

第1回では「出逢いがない」というたびに、

自分のいる場所から出逢いがなくなり、

目の前にある出逢いすら見えなくなる、

という恐ろしい事実をお伝えしたけど怖れる必要はない。

出逢いがないという口ぐせを、ありかも! に変えると、

あなたの日常は、エブリデイありかもに変わる! と、しめさせていただきました。

確かに、ありかも~!

だけど、自分のまわりにはありかもと思いたいようなパッとしたひとはいないし、既婚おじさんばかりの職場でどうありかもを見出すの~? と思ったあなたへ。

今回は、あなたのまわりがほんとうに「ありかも」に変わる、実践編です。

わかりやすい例をあげましょう。

あなたは水を買おうと思ってコンビニに入りました。

コンビニにはどれを選ぼうかと思うほど水が並んでいます。

あなたは、コンビニにいっても水が売ってないかも?

なんて心配しないですよね。

いつもほしいものは身の回りにある、そう思ってるのが「ありかも」の世界です。

会社とうちの往復が、どうすればありかもに変わるのか。

街に半数は異性がいるという事実に気づいただけでも少し見方が変わると思いますが、もっと重要なポイントがあります。

会社とうちの往復では出逢いがないと思うのは、街や電車で出会うひとを、ひとと思ってないからです。

風景の一部か、自分を圧迫する段ボールの塊のように、排除してる。

ああー満員電車ウザい、おっさんと密着して不快。

だけどそのおっさんが実は、職場では部下から慕われていて、愛のキューピットと呼ばれるような縁結びの神さまだったら?

もしかしたら、バツイチで、結婚生活に痛い目見て、今度出逢ったひとにはやさしくしようと思っていて、付き合ってみたらおいしいお店をいっぱい知ってて女性をとっても大切にしてくれるジェントルマンかも。

密着してもさわやかで汗ひとつ流さないようなひとなんて、少女漫画の世界です(笑)。

おじさんに限らず、その場に居合わせたひとを切り離して、そのひとが魅力的に見えるシーンにおいてみる。

今日電車に乗ったら早速やってみてください! (笑)。

わたしも今、おっさんを魅力的な人物にプロデュースしてみました。

ページの関係上2つにしましたが、10個くらいは余裕で考えられます。

今日は、あなたにこの言葉を覚えてほしいと思います。

それは「ありだとしたら?」です。

「ない!」と思うようなシーン、あると思ったことのないようなシーンに出くわしたら、自分に問いかけてください。

「ありだとしたら?」

密着してるおじさんがありだとしたら?

おじさん自身が実はありの人かもしれないし、おじさんがありなひととつながってるかもしれない。

出逢うひとを「ありだとしたら?」という視点で見ることは、ひとの魅力を見つける達人になること。

限の可能性に気づくひとになることです。

そんなこと言っても満員電車で出会ったひとと話すことなんてないし、と思うでしょうか。

はい、これはほんの一例です。

SNSで出会ったひと、腐れ縁の男友達、すべてが「ありだとしたら?」と考えてみる。

もっと言えば、会社の既婚の同僚、女友達、出逢うひとのすべてが、あなたの良縁につながるストーリーを持っているかもしれません。

出逢いの扉をしめないこととは、出逢いにつながるすべての扉をしめないことです。

すべてが「ありだとしたら?」に変わったとき、ひとつ激変することがあります。

実はそれこそが、あなたのしあわせにつながる一番大切なことです。

次回はそのお話をしますね。

どうぞお楽しみに!

ABOUT ME
藤沢あゆみ
藤沢あゆみ

作家

2003年12月作家デビュー、恋愛・人間関係・自己啓発に関する書籍を27冊上梓。
著作累計70万部。作家デビューまでに25,000人の恋愛相談に回答。

独自の人間洞察力ですべてのひとの味方になる、圧倒的にポジティブな恋愛、人生論に定評があり、いまも読者が直接恋愛相談できる場を設けている。

★藤沢あゆみ先生の著書一覧★

★藤沢あゆみ先生の恋愛コラム一覧★

関連記事