ワーカホリックな人は仕事ができない? よく遊ぶ人のほうが仕事もプライベートも充実する理由

2015年11月28日

過度な残業や、連続勤務で働き続ける仕事人間な“ワーカホリック”。真面目といえば真面目だけど、仕事の生産性については疑問が残るところ。仕事人間な人にはぜひ見直してみてください。

 


 働き過ぎは息切れを起こす

Woman businesswoman under stress missing her deadlines

仕事に就かないニートもいる反面、仕事依存症候群と呼ばれる、いわゆるワーカホリックの人たちの数も急増しています。仕事のみが生きがいで家庭を顧みず、毎日遅くまで残業してお休みの日でも仕事のことを考えているような人のことをいうんだそうです。

仕事が趣味と答える人もいるかもしれないけど、仕事と趣味はやはり違います。知らないうちにストレスがかかって、心身に問題が生じてしまうのが心配です。若いうちは「仕事が楽しい」で通るでしょうけど、年をとったときに今までやってきたツケが必ずまわってきます。

一生懸命走り過ぎると息切れを起こすでしょう? それと同じで、全力で走り続けた人は成人病になったり精神的に病んでしまったりします。どんなに忙しくても1週間に1回とか、10日1回は休んでもらいたいですね。

 


頑張っている≠生きている
Beautiful blonde woman breathing happy with raised arms

女性で、「働いてる私ってかっこいい!」と思っていたら、ふと気づけばまわりの人はみんな結婚していて、友だちもいなくなっていたなんてケースもあります。それに気づいたときに精神のバランスを崩す女性、私はたくさん見てきました。

また、趣味があって遊び上手な人のほうが、仕事も結構できたりするものです。ダラダラやっている人のほうが能率が悪かったりするって知っていましたか?煮詰まっているときに、席を離れて外の空気を吸うだけでもリフレッシュして頭がすっきりすることもあります。

家の気もそうですが、体の中の気も入れ替えてあげなければなりません。仕事以外のことにも興味を持ってお休みの日はしっかり休んで生活にメリハリをつけるようにしましょう。

みよこ流 開運ひとことメモ

仕事中も適度な息抜きは大切。 ウッド系のかのり等をしみ込ませたハンカチを持ち歩いてリラックスを♪

フューチャーリーダー

1954年山梨県生まれ。
病を癒す力を持った父の血を受け継ぎ、幼少の頃より不思議な力を発揮。34歳のとき、金色の光に包まれたことをきっかけに体から金粉が出るようになり不思議な力が本格化、運命鑑定を開始する。

それ以来、多くの人を鑑定し続け「先生が念を入れたお米を食べたら結婚相手に巡り合えた」「99%助からないと言われた脳挫傷の青年の頭に先生が手をかざしたら蘇った」等々、数々の奇跡を起こし人々に幸せをもたらしてきたため、「太陽の母」「府中の神様」「フューチャーリーダー」などと呼ばれるようになる。

現在では、東京都府中市を本拠地としながら全国各地でセミナー・講演会等をおこなったり、雑誌やテレビなどでも活躍中で、主婦やOLを中心に学生やお年寄り、某大手企業役員や有名タレントなど幅広い層に支持されている。

2013年には、ウィリアム・レーネン先生と出会い“ソウルヒーラー”と認められる。

ウーマンエキサイトにて占い絶賛配信中
みよこ先生

あなたにおすすめの記事