コラム

第4回 いつでも出逢いのあるひとになるためにやっておくべきこと

これまでの記事で、あなたの周りは“ありかも”ワールドになれたでしょうか?

今回の記事では、さらに上級編の“ありかも”に迫っていきますよ!

いつでも出逢いのあるひとになるためにやっておくべきこと

藤沢あゆみです。

このコラムでは、あなたの恋愛に関するノーをなくしていきました。

最初から読んできた方はかなりおめでたい人間になっていただけたのではないでしょうか。

すべての異性を「ありかも」と考え、

すべての環境が出逢いをもたらすことも「ありだとしたら?」と考え、

いままでの人生いろいろあったけど「あ~楽しかった!」とオールオッケーする。

 

ですが、ここであなたも気づかれてるかもしれませんね。

どんなに気休めをいわれてもあらがえないノーが立ちはだかっていることに。

実はこれまで、あえてそこに触れていませんでした。

そうです、あなた自身を、ありかもすることです!

 

いつのころからか、男女問わず、自分をもう歳だし……と言い始め、それを毎年更新していく傾向があります。

わたしの知り合いに50歳を超えてから婚活デビューして、ご結婚された方がいます。

その方は、年齢が……などと一切ナーバスにならず、ワクワクして始めたそうです。

だからこそ、ご成婚に至ったのですね。

すばらしい!

昨日まで出逢いがなくてもいますぐ出逢いにワクワクする方法、それは、

無理に現実を見ないようにするのではなく、

ありのままの自分から、ありかもな面を見つけることです。

こういう趣味のひとならあうかも。

こういう人生設計のひととならあうかも。

これはムリだけど、こっちには自信があるので、これを喜んでくれるひとにならいけるかも。

一番最初にやってほしいのが、あなたの一番の売りと、あなたにはどうしても無理なことを明確にすることです。

 

どうしても無理なことは誰にだってあります。

そこはあっさり捨てちゃっていいんです。

物事には、いい面もイマイチな面もあり、しかも見るひとによって何がいい面、イマイチな面なのかは異なります。

ひとを構成するすべての面は、長所であり短所として存在します。

 

たとえば、身長150センチの女性は、背の高い女性が好きな男性からはターゲット外ですが、小柄な女性が好きなひとにはタイプかもしれません。

顔立ちも、美人か美人じゃないかなんてざっくりしたことではなく、おおきな瞳とつぶらな瞳、とか部位別に自分のありかもを見つけます。

おおきな瞳が好かれるとは限りません。

ないわ! を見つけたらひっくり返してみましょう。

 

お酒を男性並みによく飲む。

飲み歩きが趣味のひとには喜ばれるかも。

見た目が終わったら性格、趣味などどんどんやっていきましょう。

 

自分を100ありかもできたらかなりすごいです。

 

出来ればマイありかもを手帳に書いて持ち歩いていただきたい!

自分のいいところを100個自覚しているひとと、

自分の嫌なところが100個でもいえるというひとだと、

発するものが違うと思いませんか?

それがあなたの醸し出す空気、波動というものになるのです。

実は……

あなたに出逢いがなかったのは、自分の嫌なところをいつもまとっていたからです。

そうすると、同じ波動の自分嫌いな異性を引き寄せるのです。

そうです、あなたが引き寄せたいひとの雰囲気にあなた自身がなるんです!

 

自分のまわりの異性をありかもして、

自分を取り巻く環境をありだとしたらと思い、

これまでの自分にオールオッケーして、

いまの自分を100ありかもする。

……何も起こらないわけがないと思いませんか?

 

不思議なことに、自分が自分のことを好きになると、ほめてくれるひとも現れます。

 

今週はここまでです。

ありかも100、宿題ですよ 笑。

次回はいよいよ出逢いがあった実例をお話しします。

お楽しみに!

ABOUT ME
アバター
藤沢あゆみ

作家

2003年12月作家デビュー、恋愛・人間関係・自己啓発に関する書籍を27冊上梓。
著作累計70万部。作家デビューまでに25,000人の恋愛相談に回答。

独自の人間洞察力ですべてのひとの味方になる、圧倒的にポジティブな恋愛、人生論に定評があり、いまも読者が直接恋愛相談できる場を設けている。

★藤沢あゆみ先生の著書一覧★

★藤沢あゆみ先生の恋愛コラム一覧★

関連記事