信じるか信じないかはあなた次第! 塩と米が起こす奇跡の数々

どこの家にも絶対にある塩と米 。
このふたつが奇跡を起こせたらこんなにラクチンなことはありませんよね。
カンタンおトクに奇跡を起こすコツを、みよこ先生が教えてくれますよ!


 奇跡の起こし方:お米編①
Fotolia_85590552_Subscription_Monthly_M

神棚にお供えしてあるものは、水、お塩、お米などですよね。

 

お米は神様への感謝の気持ちで、お塩は私たちを守ってくださいという願いを表してると思っています。

 

私もお米とお塩を使いますが、使い方は少し違っているんです。

 

私が使うのは、病気やケガの人を治癒させるときや、お祓いをするときなんですね。

 

 

もちろん、使うお塩やお米は「念」を入れた「みよこスペシャル」。

お米の使い方は、枕の下に入れておくだけです。

 

そうすることで、脳挫傷で寝たきりになっていた子が目を覚ましたんですね。

 

また、喘息の人は胸に置いて祈ったら楽になったり、癌の方の腫瘍が小さくなったり……。

 

あと、不眠症で眠れなくて安定剤を飲んでいた人が、お米を食べたら眠れるようになったんです。

 

そんなふうに不思議なことが起こるんですよ。

 


奇跡の起こし方:お米編②
Fotolia_81877678_Subscription_Monthly_M

それから、効くのは病気だけではないんです。

毎日一粒ずつお米を食べていたら、念願の彼氏ができて結婚することになったっていう人もいるくらいなんですよ。

 

このお米は、11月にできた新米を稲穂のまま農家から直接いただいて自分で作っているんです。

 

お渡しする場合は、まず病状や悩みをお聞きします。

 

そしてこの人には何本必要だろうと目をつむると、ふと頭の中に数字が浮かんでくるから、そのぶんをお渡ししてます。

 

でも、不思議なことに決まった数字しか浮かんでこないんです。

 

私が作る場合は、7本、8本、21本、49本の稲穂から籾米(もみごめ)を取るようにしてるんだけれど、この数字がどこから出てきたものかは、私にもわからないんですよね。

 


奇跡の起こし方:お塩編 
Fotolia_54069211_Subscription_Monthly_M

一方、お塩は主にお清めです。

 

それ以外には、具合が悪いときになめてもらったり、浮気封じに使ったりもするんですよ。

 

どう使うのかというと靴の底にかけておくと、ご主人がまっすぐ家に帰って来てくれるんです。

 

あとは、家族が事故にあわずに無事帰宅できるようにと、そういう意味を込めてお塩を使うこともあります。

 

もちろん、お米のように枕の下に入れておくという使い方もします。

 

先日、動脈瘡の手術をされた方は、出血も少なく短時間で無事に手術を終えることができたんですよ。

 

フューチャーリーダー

1954年山梨県生まれ。
病を癒す力を持った父の血を受け継ぎ、幼少の頃より不思議な力を発揮。34歳のとき、金色の光に包まれたことをきっかけに体から金粉が出るようになり不思議な力が本格化、運命鑑定を開始する。

それ以来、多くの人を鑑定し続け「先生が念を入れたお米を食べたら結婚相手に巡り合えた」「99%助からないと言われた脳挫傷の青年の頭に先生が手をかざしたら蘇った」等々、数々の奇跡を起こし人々に幸せをもたらしてきたため、「太陽の母」「府中の神様」「フューチャーリーダー」などと呼ばれるようになる。

現在では、東京都府中市を本拠地としながら全国各地でセミナー・講演会等をおこなったり、雑誌やテレビなどでも活躍中で、主婦やOLを中心に学生やお年寄り、某大手企業役員や有名タレントなど幅広い層に支持されている。

2013年には、ウィリアム・レーネン先生と出会い“ソウルヒーラー”と認められる。

ウーマンエキサイトにて占い絶賛配信中
みよこ先生

あなたにおすすめの記事