運命を左右する言葉。「すいません」を「ありがとう」に変えると幸せになれる理由

日本人が言いがちな「すいません」。なんとなく使いやすくて便利な言葉なので、多用している方が多いですよね。でも本当は注意して使うべき言葉だったんです。今日から「すいません」を「ありがとう」に変えるべき理由をご紹介します。

 

 


修行ってどんなこと?
dieta

「この世は修行です。それぞれの課題をクリアするために私たちは生まれてきたんです」と、セミナーでよくお話しさせてもらうのですが、そういう話をしたあと、決まって「修行ってどんなことをしたらいいんですか?」という質問をされます。

私は、今生きていること、やっていることすべてが修行だと思っています。

 

毎日、ごはんを食べて仕事をして、家族や友だち、恋人とけんかしたり笑ったり……。すべてが学びであり修行なんです。

 

「ぼんやりと一日を過ごしている」という人もいるかもしれません。でも、よく注意してみれば、その日と一緒の日なんて一日としてないんです。

 

悪いこともあればいいこともあって、だからこそ人生は楽しいんですよね。いいことばかりだったら、いいことに気づくことはできない。悪いことがあるからこそ、いいことがあると何倍も幸せに感じられるのです。

 


 

人生を変える魔法の言葉
Greeting guests at the door.

一日一日を幸せに送ることのできる魔法の言葉をお教えしましょう。

 

それは、「ありがとう」という言葉。

 

そして、生きている上でいちばん大切なのは、「今、生きていることに感謝」です。

 

私たちは自分で勝手に生きているのではなくて、生かされているんです。感謝の気持ちを持って、心の中で手を合わせることを忘れてはいけません。だから、「ありがとう」は、どんどん口に出して言いましょう。

 

たとえばエレベーターに乗るときや、ドアを開けてもらったときに、「ありがとう」って言う人と「すみません」って言う人とでは人生が変わってくるんです。

 

「ありがとう」は感謝、「すみません」は謝ることですよね。

 

感謝の言葉を使う人は前向きな人生を歩むことができます。一日のうち「ありがとう」を何回言ったか、数えてみるのもいいかもしれませんよ。

 

みよこ流 開運ひとことメモ

自分が発した言葉は宇宙のどこかに蓄積され、いずれ、運命を左右するとか。ポジティブ発言を心がけてくださいね♪

フューチャーリーダー

1954年山梨県生まれ。
病を癒す力を持った父の血を受け継ぎ、幼少の頃より不思議な力を発揮。34歳のとき、金色の光に包まれたことをきっかけに体から金粉が出るようになり不思議な力が本格化、運命鑑定を開始する。

それ以来、多くの人を鑑定し続け「先生が念を入れたお米を食べたら結婚相手に巡り合えた」「99%助からないと言われた脳挫傷の青年の頭に先生が手をかざしたら蘇った」等々、数々の奇跡を起こし人々に幸せをもたらしてきたため、「太陽の母」「府中の神様」「フューチャーリーダー」などと呼ばれるようになる。

現在では、東京都府中市を本拠地としながら全国各地でセミナー・講演会等をおこなったり、雑誌やテレビなどでも活躍中で、主婦やOLを中心に学生やお年寄り、某大手企業役員や有名タレントなど幅広い層に支持されている。

2013年には、ウィリアム・レーネン先生と出会い“ソウルヒーラー”と認められる。

ウーマンエキサイトにて占い絶賛配信中
みよこ先生

あなたにおすすめの記事