運気のアップダウンはいらない!「絶好調」をキープする方法

2015年11月28日

晴れの日もあれば雨の日もある天気と同じで、運気にも浮き沈みがあるのは仕方のないことと諦めていませんか? 実は運気の「晴れの日」をずっとキープし続けられる方法があったんです。一度マスターしてしまえば一生もの。ぜひ、試してみてください。


 運気のいい波を逃すべからずSurfer girl on Amazing Blue Wave

運の流れに乗っても、ただぼ~っとしているだけではダメです。せっかく運の流れに乗ったなら、キープして活かさないともったいないですよね。

じゃあどうやって「運の流れに乗った状態」を維持するかなんだけれど、私は運の流れを「舵取り」してあげることが必要だと思っています。あなたも、ただ同じ場所にじっとしていると、飽きたり、疲れたりするでしょ? 運も同じで、どこかに行きたくなってしまうんです。だから運の流れに「あなたの“進みたい方向”」をしっかり教えてあげてください。


舵取りは“カラー”におまかせ
Couple in love on a sail boat in the summer.

私がオススメするのは、パワーカラーを使った舵取り。よく、赤は情熱を、青なら冷静さを与えてくれるって知られているけれど、これを利用するんです。

そもそもパワーカラーは「生命力を高め、成功や幸せに近づけてくれる色」のこと。だから、運の流れの進行方向を「こっちだよ」と教えてあげるのにピッタリなんです。

交渉ごとや勝負に勝たなきゃいけないときは「赤と青」。愛の告白なら「暖色系のカラー」。信頼を得たいなら「白」や「ピンク」、「赤」をメインに。お金のことなら「黄色」だし、健康なら「緑」。

目的に合った色を身に着けることが、単純だけれど本当に効くんです。せっかく乗った運の流れを、自分から降りてしまわないように頑張りましょうね。

フューチャーリーダー

1954年山梨県生まれ。
病を癒す力を持った父の血を受け継ぎ、幼少の頃より不思議な力を発揮。34歳のとき、金色の光に包まれたことをきっかけに体から金粉が出るようになり不思議な力が本格化、運命鑑定を開始する。

それ以来、多くの人を鑑定し続け「先生が念を入れたお米を食べたら結婚相手に巡り合えた」「99%助からないと言われた脳挫傷の青年の頭に先生が手をかざしたら蘇った」等々、数々の奇跡を起こし人々に幸せをもたらしてきたため、「太陽の母」「府中の神様」「フューチャーリーダー」などと呼ばれるようになる。

現在では、東京都府中市を本拠地としながら全国各地でセミナー・講演会等をおこなったり、雑誌やテレビなどでも活躍中で、主婦やOLを中心に学生やお年寄り、某大手企業役員や有名タレントなど幅広い層に支持されている。

2013年には、ウィリアム・レーネン先生と出会い“ソウルヒーラー”と認められる。

ウーマンエキサイトにて占い絶賛配信中
みよこ先生

あなたにおすすめの記事