占い・風水

「6」は愛を叶える数字?! 覚えておきたい数字の意味

今回は、ロトや、抽選、順番など、数字でゲンを担ぎたいときに使える
数字の意味をご紹介。

あなただけのラッキーナンバーを見つけてラッキーライフを送りましょう。

数字にも意味がある

漢字と同じように、ひとつひとつの数字にも意味があるのをご存じですか?

「0」は有のものを無にしてしまう数字なので、できれば避けたい数字。

「1」はスタートを意味する数字だから、なにかをはじめるときにはオススメします。

それに天に近い数字だから神を表しているんですよ。

「2」は分裂の数字だから、精神的に安定しないとか、心がかき乱されてしまうから、ちょっと要注意の数字ですね。

「3」はやる気満々の数字。

支えるためには2本より3本のほうが安定感があるし、経営陣もふたりよりもトップが3人いたほうが実はうまくいくから、とてもいい数字。

「4」は分裂するという変化の数字。

だから、変化を求めるときは4を使うといいんですよ。

「5」は繁栄を意味する幸運数だから、安定したいとか幸せを望むときはいい数字。

「6」は愛や財運。

「7」はついてるときとついてないときが極端に出てくるから、個性的なことをするときはこの数字を使うといいでしょう。

「8」は、横にすれば無限大(∞)、末広がりという意味もあるから、大きくじわじわ広がっていけます。

「9」はお金に縁がある力強いイメージがあり、闘争心やエネルギーを感じるから味方になってくれそうです。

神様が教えてくれる数字

世の中には数字が氾濫しているから、どれが自分のラッキーナンバーかわからないと思いますが、実は見分ける方法があるんですよ。

自然と目につく数字や気になる数字が誰でもあると思うんです。

いつもなんとなくパッと目に入ってくる数字が、潜在意識に眠ってるラッキーナンバーだったりする可能性が高いんです。

実はその数字は神様が教えてくれているのかも。

気になる数字を少し意識してみて生活してみてくださいね。

また、運気をアップさせるアイテムを紹介しますね。

まず金運アップには金色の鈴

魔除けにもなって邪悪な気をはね除けてくれます。

健康運は四葉のクローバーや押し花をしおりにする、癒し系であるグリーンのものを持つのがいいですね。

恋愛運はピンクや白、赤などの丸い手鏡がいいでしょう。

仕事運アップには丸い腕時計、人間関係は赤とブルーと白の三色入ったハンカチを持つと、スムーズに人とつきあうことができるようになりますよ。

関連記事