頻繁なデジャヴは前世からのメッセージ? デジャヴが繋げる前世と今世

2015年12月24日

来たことがない場所なのに何となく来たことがある感覚や、初めてやったことなのに何度かやったことがある感覚。それが“デジャヴ”と呼ばれるもの。でも、デジャヴって一体どんな意味があるのでしょうか?

 


歴史は繰り返す?
fashion shopping street

「前にもここに来たことがある!」とか「こういう経験したことがある!」って思ったことはありませんか? 今まで体験したことがないはずなのに、前にも体験した! と感じる、いわゆる“デジャヴ(既視感)”を、みなさんも一度や二度は経験したことがあるでしょう。

これは私の解釈になってしまいますが、前世で似たような場所へ行ったことがあったり、同じような言動を経験していたのを、魂が思い出すんだと思います。

たとえば、友だちと楽しくおしゃべりしてるときに、「あっ。この場面知ってる」って感覚になることありますよね。これは、その話をしている相手と前世でも楽しくおしゃべりをしていたことがあって、その記憶が呼び覚まされるんです。

人って、前世でやっていたことと近いことを今世でもやってるんですよね。私たちの魂は修行の為に何度も生まれ変わるので、今世で友だち関係の人とは、前世でも近しい間柄にあった確率が高い。親子だったなんてこともあるんですよ。だからこういうことは、よくあることなのかなって思います。

 


デジャヴは予知?
Kid girl on roof

「デジャヴはメッセージや予知なのですか?」という質問も受けることがありますが、デジャヴと予知は違うと思います。デジャヴって意外と普段の生活の中で起きますよね。「ぼんやり窓から外を眺めてるときの景色」だったり「台所で大根を切っているとき」とか、そういう何気ないシーンが多い(笑)。しかも、デジャヴだと気づくのはデジャヴが起きる直前か直後だったりするので、なかなか予知にはなりません。

デジャヴは、過去生で経験した出来事で似たような体験をしたとき強く出てくるだけ。予知の場合は、夢の中で知らされることが多いのではないでしょうか?

 

みよこ流 開運ひとことメモ

頻繁なデジャヴはメッセージの場合も。寝る前に「夢でわかりやすく説明してください」と、お願いすると◎♪

 

フューチャーリーダー

1954年山梨県生まれ。
病を癒す力を持った父の血を受け継ぎ、幼少の頃より不思議な力を発揮。34歳のとき、金色の光に包まれたことをきっかけに体から金粉が出るようになり不思議な力が本格化、運命鑑定を開始する。

それ以来、多くの人を鑑定し続け「先生が念を入れたお米を食べたら結婚相手に巡り合えた」「99%助からないと言われた脳挫傷の青年の頭に先生が手をかざしたら蘇った」等々、数々の奇跡を起こし人々に幸せをもたらしてきたため、「太陽の母」「府中の神様」「フューチャーリーダー」などと呼ばれるようになる。

現在では、東京都府中市を本拠地としながら全国各地でセミナー・講演会等をおこなったり、雑誌やテレビなどでも活躍中で、主婦やOLを中心に学生やお年寄り、某大手企業役員や有名タレントなど幅広い層に支持されている。

2013年には、ウィリアム・レーネン先生と出会い“ソウルヒーラー”と認められる。

ウーマンエキサイトにて占い絶賛配信中
みよこ先生

あなたにおすすめの記事