占い・風水

体の○側のケガは神様からのメッセージ?!

その体のケガ、実は神様orご先祖様からのメッセージかもしれません。

しかも、体の左右どちらかかチェックすれば、それがどちらからのものかわかるようです……。

ケガをさせるのはなぜ?

‘08年に上梓した『みよこ先生の願ったり叶ったり』(主婦と生活社)の中で、「体の調子が悪いときは神様やご先祖様からのメッセージ」というお話をしましたが、体の右側は神様から、左側はご先祖様から伝えたいことがあるときが多いんです。

50歳になられたばかりの女性で、それまでは元気に過ごされていたのに、突然、左ばかりをけがするようになって、それが心配で私のところへ相談へいらした方がいました。

左側というのはご先祖様からのメッセージです。

鑑定の結果、やはりご先祖様が関係していたのですが、先祖供養をちゃんとされていなかったんですね。

「なぜ自分の子孫にけがをさせたり、傷つけたりするの?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、実はそうなる前にいろいろな方法でご先祖様は教えているんです。

最初からケガをさせようとは思っていません。

その前に夢の中に出てきたり、ふとお墓のことを思い出させたり……いろいろな方法で伝えてきます。

最初は小さなことだったのが、わかってくれないとエスカレートしていくのです。

心がこもってなければ意味なし!

先祖供養はお墓に言って、きれいに清めたあと、そこで成仏して頂くよう手を合わせるのがいちばんなのですが、お墓が遠くにあったり、体の調子が悪くて行けないという場合は、自宅でもできます。

まずはお茶を一杯入れて

「私のすべてのご先祖様、私がこうしてこの世に生まれてきたのはご先祖様があってのことと感謝します。私が生きている限り、毎日とは言えませんが、成仏されていないと先祖様は供養させて頂きますので、ぜひ成仏してください。そしてあの世で修行をして一日も早く神様の元へ行ってください」

そういってお茶を飲んでください。

ただし、これが義務になってくると、ご先祖様へ思いが伝わりません。

思い出したときに手を合わせるだけで大丈夫です。

お願いごとをするときは、神社へ行って神様に手を合わせましょう。

お墓参りなどで、ご先祖様にお願いごとはしないように!

関連記事