みよこ先生

明け方の夢には要注意! 神様や仏様が見せてくれる夢のメッセージ

寝ているときに見る夢は、予知夢だったり、

亡くなった家族が出てきたりと、

スピリチュアルな意味がありますよね。

今回はあらためて夢が持つ意味をおさらいしましょう。

気をつけるのは明け方の夢


人間は寝ているとき、約1.5時間ごとにレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返すそうです。

レム睡眠は眠りが浅い状態のときで、そのときに見た夢は覚えているの。

夢なんて見たことないって言ってる人も、実は見ているんです。

ただ、眠りが深くて覚えてないだけなんですね。

見る夢にはすべてメッセージが込められています。

夢には2種類あって、ひとつは神様や仏様が見せてくれるもの、もうひとつは自分の願望から見るものです。

正夢や予知夢(よちむ)など将来的に起きそうなことや、私たちにどうしても伝えたいメッセージがあるとき神様や仏様が見せてくれるし、願望の夢は自分が「こうなりたい」と強く念じることで、夢となってあらわれる。

寝ているときは心の奥底にしまっておいた潜在意識が出てきやすくなるときだから、そういうことが起こるんですね。

でも、明け方見た夢は覚えてることが多いけど、夜中に見た夢は朝になったらすっかり忘れてしまっていますよね?

でも、それでいいんです!

夜中の夢は無意識に思っていることがあらわれるだけで、明け方の夢は現実に起きるようなことを教えてくれるんです。

つまり、明け方の夢は神様や仏様が見せてくれることが多く、意味があるから覚えているんですね。

そして、いい夢を見たら人に話さないで、悪い夢は進んで話してください。

理由はいくら夢でもいいことというのは、人をうらやませたり、ねたませてしまうものだから。

そうするとマイナスの思いや念が来ちゃうから、言わないほうがいいんです。



夢はストレス解消法でもある


もちろん、神様や仏様が、毎晩メッセージを発信してきてるわけではないので、明け方見た夢がすべて重要だというわけではないの。

伝えたいことがあるときだけ、必要な夢を見せてくれるんですね。

人間は現実だけを見ていると息が詰まるから、夢を見ることでストレスを解消してるの。

朝起きると体調がよくなっていると感じるのは、寝てる間に心が自由になってリラックスできるし、そしてまた新しい気を取り入れることができる。

もし、イヤな夢を見たときは「心に不安があったり心配事があるから」だと思い、自分の体や心を、十分いたわってあげるようにしてください。

また、幸せな夢を見たい人は、毎日プラス思考で生きること。

今日もいい夢を見ようと思えば、きっといい夢を見ることができるはずですから、ぜひ、目覚めのいい朝を迎えてくださいね。


フューチャーリーダー

1954年山梨県生まれ。
病を癒す力を持った父の血を受け継ぎ、幼少の頃より不思議な力を発揮。34歳のとき、金色の光に包まれたことをきっかけに体から金粉が出るようになり不思議な力が本格化、運命鑑定を開始する。

それ以来、多くの人を鑑定し続け「先生が念を入れたお米を食べたら結婚相手に巡り合えた」「99%助からないと言われた脳挫傷の青年の頭に先生が手をかざしたら蘇った」等々、数々の奇跡を起こし人々に幸せをもたらしてきたため、「太陽の母」「府中の神様」「フューチャーリーダー」などと呼ばれるようになる。

現在では、東京都府中市を本拠地としながら全国各地でセミナー・講演会等をおこなったり、雑誌やテレビなどでも活躍中で、主婦やOLを中心に学生やお年寄り、某大手企業役員や有名タレントなど幅広い層に支持されている。

2013年には、ウィリアム・レーネン先生と出会い“ソウルヒーラー”と認められる。

ウーマンエキサイトにて占い絶賛配信中
みよこ先生