《福を呼ぶ 縁起もの寺社》金運アップの「縁起もの」にあやかる! 第4回 梟:日本一大きな「ふくろう」がある神社で、本気のご利益祈願!

縁起物シリーズ第4弾は、ふくろう。語呂あわせが「不苦労」だったり、実際に梟は首が回ることから「お金回りが良くなる」ということで縁起の良い鳥とされています。

 


日本一の大フクロウで有名な鷲子山上神社
fukuro_001_2
(出典:フクロウの神社 鷲子山上神社)

鷲子山上(とりのこさんしょう)神社は、別名を「ふくろうの神社」といいます。茨城県と栃木県のちょうど県境に位置する全国でも珍しい神社。創建は807年で御祭神は天日鷲命(アメノヒワシノミコト)といわれる鳥の神様です。

古来、フクロウは大神様の御使い・幸福を呼ぶ神鳥として崇敬されており、境内には多数のフクロウ像が。日本各地から運気上昇・金運福徳を授かるために来山する人々が増えているといいます。

 


境内はフクロウ(不苦労)だらけ
fukuro_009(出典:フクロウの神社 鷲子山上神社)

大鳥居をくぐると立派な楼門(安養閣)が見えてきます。そして、門を通ると「フクロウの石段」があり、往復すると296段(フクロウ)ということで苦労知らずの幸福になれるとのこと。

また、階段を登りきったら「福ふくろう(不苦労)ロード」へとつながり、100体ほどのフクロウ像を拝めるようになっているようです。

 


大人気パワースポット! フクロウ大仏と御柱
fukuro_003
(出典:フクロウの神社 鷲子山上神社)

本宮神社に日本一の大フクロウ像があります。ここは古くから神仏混淆の神社のため、近年は通称「フクロウ大仏」とか「フクロウだるま」とも呼ばれ、多くの人に親しまれている巨大なフクロウ像。

この像の下には「金運 不苦労御柱(金運福徳の御柱)」という、実にありがたい名前の御柱があって、独特の祈願方法があるとのこと。

まずは、備え付けの棒で三回御柱を叩く。その後、両手を押し当てるか、または、御柱を抱きかかえるようにすると金運を授かるそうです。

この場所には、「宝くじに当たった!」「商売で成功した」などの体験談が書かれた紙もあり、金運アップの参考にもなりますね。

 

鷲子山上神社
 栃木県那須郡那珂川町矢又1948

 

古来より福物・縁起物として根強い人気のフクロウ。日本一大きなフクロウ像とフクロウ(不苦労)御柱に金運アップ祈願に出かけてみてはいかがでしょう。

 

しんり探究家

長崎出身。関西の大学院で心理学を学び修士号取得。

1998年から5年ほどTV番組のリサーチャーとして20番組以上の企画制作に携わる。(メインの担当番組は「特命リサーチ200X」)

ヒラメキ力のあるTV番組のリサーチャーとして世界中の情報をウラとオモテから収集。
真実の追求をモットーにした専門的なリサーチ力を活かしたコンテンツ企画・メディア運営には定評がある。

その後、IT業界へ転身。2009年まで、ケータイサイトのコンテンツプロバイダー会社役員として経営やコンテンツプロデュース業に従事。

2010年に独立し、タイへ移住。

現在、しんり探究家として地球問題リサーチやウェブライティング活動中。

Official Facebook
https://www.facebook.com/shinrikikurin>

あなたにおすすめの記事