マネー

まずは知ること。家計簿をつけると人生が豊かになる!?

ある調査によれば、家計簿をつけている人とつけていない人では貯蓄額に70万円ほどの開きがあるそうです。もしも、家計簿をつけることでお金が貯まって自由に使えるようになるとしたら……。なんとなく、つけたほうがよいと思っていながらも実践してなかったり、挫折した経験のある人にもあらためて「家計簿」の効用を知ってもらえる情報を集めてみました。

 


家計簿効果その1
お金の流れを知って理想家計をイメージ
Young couple calculating their expenses

生活のために毎月いくらかかっているのか? 春夏秋冬で変動は? とくにお金のかかるシーズンとは? すぐに答えられる人は少ないのではないでしょうか。ダイエットが体型や体重を知ることからはじまるように、まずは現在の家計を知ることが肝心です。

毎月、何にいくらかかっているのかという現状と具体的な数字を把握することで「ムダ」が見えてくることも。現実を知ってはじめて、理想的な家計を描くことができるのです。

 


家計簿効果その2
理想家計に向けたプランニングができる
Beautiful smiling woman with laptop and a credit card

お金の流れがわかって、理想的なお金の使い方や貯め方がみえてきたら「計画」を立てることができるようになります。

行き当たりばったりでお金を使うことが減り、あらかじめ立てていたプランに沿って「優先度」や「重要度」を決め、後悔のないお金の使い方ができるようになるのです。

すると、死に金がなくなっていって、どうすれば生き金になるかもわかってくるでしょう。

 


家計簿効果その3
自分の個性や生きがいがわかってくる
Banking Dollar Sign Financial Money Concept

かんたんにでも良いので、お金の流れを継続的に記録すると見えてくるものがあります。それは、あなたが好きなことや人、大切にしているモノです。

読書が好きな人は本にお金をかけているでしょうし、おしゃれが好きな人は洋服やアクセサリーへの出費が大きいかもしれません。お友達が多い人は交際費がかさむ傾向にあるでしょう。

だからといってすぐに、それらを節約する必要はないのです。

しなくてもよいこと、切り詰めても苦にならない項目を見つけて上手にやりくりする方法を見つけることもできるはずです。

よくある家計簿の理想的なバランスシートに、あなたの家計を合わせることは「個性」を捨てるに等しいこと。ほんとうに大切にしたいことを家計簿から読み取りながら、あなただけの理想的家計を見つけてみてください。

 

関連記事