恋愛コラム

第46回 恋愛映画が、恋に有効な本当の理由とは?

皆さまは、異性にドキドキしていますか?

今回は「最近、いい男がいない」とお嘆きの恋愛迷子さんたちに是非読んでほしいコラムです。

恋をする感覚を思い出してジメジメして嫌な気分になる梅雨を吹き飛ばしちゃいましょう!

恋愛映画が恋に有効な理由

藤沢あゆみです。

よく、恋愛がご無沙汰なひとは、恋愛映画やDVDを見ましょうと言います。

確かにこれ、効果的です。

といっても、映画の恋愛ストーリーは、舞台設定が壮大すぎたり、自分とヒロインでは年代が違ったり、とてもじゃないけど、自分にもこんなことが起こりうることなんて思えないでしょうか?

細かいディティールはどんなでもいいんです。

大切なのは恋愛を体感すること。

男性にこんな風に誘われたら自分ならどう思うんだろう。

相手が自分を好きかどうかわからないこういうとき、自分はどう感じるんだろう。

ヒロインになった感覚で、そのとき自分がどんな感情、感覚になるのかを感じて欲しいのです。

自分が恋をしたらどんな感じなのか、しばらく恋をしていないとそのときの心や体の感覚を忘れていることもありますから、それを思い出すために映画を見るんです。

細かいディティールはどんなでもいいんです。

恋をする感覚を思い出せばあなたから恋の波動が出て、現実でも恋が始まることがあるというわけです。

ですが恋自体あまりしたことがない、という人は恋愛映画を見ても、自分にはこんなこと起こるわけがないと思うでしょうか。

そんなひとにこそ、恋愛映画を見て欲しいのです。

あなたが見た恋愛DVDはあなただけの体験

あなたが見たその映画、あなたがいま着ている服、あなたの食べた食事、いまあなたのいる場所、全部含めてあなたです。

そのDVDはあなた以外のひとが見ることももちろんできますが、どこで再生し、どこで見てどう感じるかによって全く違うものになります。

あなたが見た恋愛DVDはあなただけの体験です。

あなたがDVDを自分ごとと思えなくても、あなたがそれを見て、何かを感じている。

それだけでもうあなたは、自分に起こってもいい、を体験しているのです。

自分の人生に大恋愛は起きないと思っているあなたにも、恋愛の可能性はあった。

だけど、これまではそれを選ばず、他のことを楽しんでいたのだから、これまでのことを恥じる必要はない。

単に、これまではそうじゃなかっただけです。

恋愛経験が少ないと、恥ずかしいと思ったり、今更と思いがちですが、

誰に対して今更?

誰に対して恥ずかしい?

自分の人生をどう歩くのも自由です。

みたいときに再生すればいつだって恋愛ストーリーが始まるDVDのように、いつ恋を始めたっていいんです。

気分は映画のヒロイン

1日ゆっくり恋愛ストーリーを見て、翌日、ストーリーの中に出てきたようなカフェに行ってみたり、料理を食べてみたり、服を買ってみたりして3Dで体験するのもオススメです。

そのとき自分に起こる体感覚に注目してくださいね。

恋をはじめたいあなたは恋愛DVDを見て、感情をありのまま感じ、そのとき起こる体感覚に注目してください。

恋愛のドキドキ、怒り、悲しみ。

そして、それらは自分にも起こりうる、と実感してください。

実は、これが一番重要です。

これまでの自分には何もなくても、いまもどこかで恋愛は起こっていて、自分が大恋愛を体験したっていいんだとオッケーを出すだけで現実が変わっていくことはよくあります。

もう毎日声に出していって欲しいくらいです、私が恋したっていい、恋したっていい、大恋愛したっていい。

その感覚で、異性の同僚や、仕事仲間、街にいる男性を見ると違って見えるかもですね、乞うご期待!

ABOUT ME
藤沢あゆみ
藤沢あゆみ

作家

2003年12月作家デビュー、恋愛・人間関係・自己啓発に関する書籍を27冊上梓。
著作累計70万部。作家デビューまでに25,000人の恋愛相談に回答。

独自の人間洞察力ですべてのひとの味方になる、圧倒的にポジティブな恋愛、人生論に定評があり、いまも読者が直接恋愛相談できる場を設けている。

★藤沢あゆみ先生の著書一覧★

★藤沢あゆみ先生の恋愛コラム一覧★

関連記事