恋愛コラム

第49回 あなたは恋することが好きですか?

好きなことをしていると時間ってあっという間に経っちゃいますよね。

藤沢先生が、経験したことをヒントに恋愛で役に立つテクニックご紹介します。

まずはちょっとだけ考え方を変えてみて更に素敵な女子に生まれ変わりましょう!

いくつになったって恋をしたい

藤沢あゆみです

先日、50代でプロポーズされたという方とお話ししました。

どんなかたちで出会いましたかというと、以前から知り合いだったそうです。

おたがいの気持ちやタイミングがあって、人生のパートナーになったのですね。

50代で結婚を決めたひとというと、どんなイメージが浮かぶでしょうか?

現役感を絶やさないひと、人生を諦めないアグレッシブなひと、婚活にチャレンジし続けているひと、いろんなイメージがわくと思います。

彼女の出会いのお話しを聞くと、そんなギラギラした感じはなく、とても自然で、これって誰にでもありうることだなと思いました。

日常の中で異性の知り合い、友人ができることってありますよね。

そして、素敵なひとだけど彼氏彼女にはならない、そんなひとっています。

そのひとたちが、タイミングによっては、ありになるかも?としたらどうでしょう。

はい、久しぶりに出てきましたこのワード「ありかも

さて、あなたには、じっくり時間をかけて実現したことってありますか?

時間をかけてうまくいったことこそ重要

わたしの話をすれば、2011年から、1年で100コやりたいことを実践する100いいねという企画を、ブログでやっていました。

今年2016年、ワークショップや、100いいねキットの発売、オンラインサロン開設と、リアル化が実現しました。

たまたまデザインしていただいていたいいねくんというキャラクターも、そのために考えたかのようにはまっています。

何かを成し遂げる時って、結構時間をかけてそうなってることって多くないですか?

50代電撃入籍といっても、知り合いだった時間を入れれば、関係は緩やかに築かれているのです。

だから、歯を食いしばって努力し続けろという話ではありません。

重要なポイントがあって、時間をかけてうまくいったことって、実は時間がかかっていたということを忘れるくらい、そのことがずっと好きなんです。

たとえばわたしが、100いいねをブログで始める時から、もっとたくさんの人が実践してくれたらいいのに!

ブログなんてしょぼい活動じゃなくてワークショップをやって100人とか来てくれてキャラクターグッズを販売して儲けたい!

と焦っていたら、100いいねはいまのようになっていたでしょうか。

おかげさまで100いいねプロジェクトはとてもいいかたちで進めていますが、それは、ゆったりと自然な形で進めてきたからじゃないかと思います。

試行錯誤はありましたが、それでも、ずっと好きでいたからこそ、今があると思います。

自分を愛してあげましょう❤️

そこで、あなたに聞きたいです。

あなたは、恋することが好きですか?

35歳以上は婚活市場では氷河期だから心してかからなければ!

ちょ、ちょっと待ってください。

人生のパートナーって必死の形相で勝ち取れるほどマインド無視でオッケーなのでしょうか?

必死の形相で他人から見て魅力的になれたらある意味それはすごいです。

あなたなら、そんな必死な人と結婚したいですか?

自分が自分のパートナーなら、恋することを、人生を楽しんでいる人と連れ添いたくないでしょうか?

1mmも恋しないで結婚することは不可能です。

自分なら自分に恋をするか、ちょっと考えてみてくださいね。

保存

ABOUT ME
藤沢あゆみ
藤沢あゆみ

作家

2003年12月作家デビュー、恋愛・人間関係・自己啓発に関する書籍を27冊上梓。
著作累計70万部。作家デビューまでに25,000人の恋愛相談に回答。

独自の人間洞察力ですべてのひとの味方になる、圧倒的にポジティブな恋愛、人生論に定評があり、いまも読者が直接恋愛相談できる場を設けている。

★藤沢あゆみ先生の著書一覧★

★藤沢あゆみ先生の恋愛コラム一覧★

関連記事