【原因は自分自身?】結婚できないキャリアウーマンの特徴!

仕事もバリバリデキるし、見た目も普通以上。

週末は自分磨きに余念がない。

あなたの周りにもいませんか?

もしかしたらこの記事を読んでいるあなたもそうでしょうか。

結婚だけが幸せではないですが、仕事だけが幸せでないことも事実です。

「仕事はデキる女だけど、結婚はできない」このフレーズにドキッとした、
そんな方はこんな特徴はないでしょうか。

そもそも結婚する気がない

平日は残業を好きなだけできるし、週末は趣味や自分磨きに時間もお金も自由に使える。

これが結婚したら・・・?

結婚をしたら日本では家事や育児の負担は女性にかかりがちです。

そんな周りの既婚女性を見て、
「結婚は今じゃなくてもいいかも」「今の生活を壊してまで結婚する必要がない」と考えて、
婚活にいまいち本気になれていないのかもしれません。

とにかく気が強い

まだまだ男性社会の日本で仕事をこなすには男性以上に成果を出して、
男性以上に主張ができないといけません。

つまり気が強くなければいけないのです。

仕事上で必要とされる「気の強さ」は得てして婚活市場ではプラス要因にならないことが多いです。

もちろん気の強い女性が好きな男性も一定数いますが、
日本人男性の中では多数派ではないのは事実です。

婚活のマーケットでは「気の強い女性」のニーズは少ない。

仕事では評価されるスキルが婚活では弊害になっているのかもしれません。

スポンサーリンク

THE・女族

働き盛りの年齢になってくると、
平日は朝から終電まで会社で仕事、週末はプライベートで大忙し。

結果的にいつもの独身女友達と「女子会」「女子旅」、
もしくは一人で仕事の勉強やネイルサロンなど「自分磨き」となりがちです。

確かに同じ状況の女友達とお酒を飲みながらおしゃべりをしたり、
温泉やエステに行くのは本当に楽しいものです。

ただし、そこに婚活に結びつくものは何一つないのです。

その楽しさにどっぷりと浸かってしまい、デキる女の婚期を遠ざけているのかもしれません。

最低条件は私以上

年収や学歴はそれなりにあり、自他ともに認めるデキる女のあなたは周りの同僚を見ていると、
「頼りないな~」と感じることも多いのではないでしょうか。

通常、女性は結婚相手に自分以上のものを求めるものです。

「結婚相手は最低、私以上じゃないと~」と
「自分以上の年収、学歴、なにより自分以上に仕事ができる」
そんな男性を求めてないでしょうか。

結婚相手に「NG条件が多い」これが結婚できないキャリアウーマンの要因かもしれません。

スポンサーリンク

人を動かす力がない

結婚とは「風邪で弱っているときに一生懸命看病してくれたのが決め手だった」など、
男性に「(感情的に)この人と一生いたい」と思わせることが肝要です。

逆に仕事は、とりわけ出世すればするほど「論理的に冷静な決断すること」が求められます。

デキる女は仕事では感情的にならず冷静な判断を求められている中で、
プライベートの時だけは男性に感情的な判断を唆さないといけないのです。

更に年々「相手に選んでもらう」気持ちより「私が選ぶ」となりがちです。

男性は基本的に他人に何かを決められることが好きではないです。

特に一生にそう何度もない結婚のタイミングを他人に決断されてしまうことは、
プライドの高い男性にとって嬉しいことではありません。

このように仕事で培った強い決断力、提案力が結婚では足かせになる可能性も否定できません。

自分を見つめなおそう

仕事がデキることは、婚活市場では必ず求められるスキルではありません。

ただ、デキる女だから結婚できないわけではありません。

本当に結婚したいならば、記事で上げた5つの特徴のどれかに当てはまっていないか、
今一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

自分を客観的に見直すことで、仕事も恋愛も充実した人生にしましょう!

あなたにおすすめの記事