【別れるかも?】恋人とのケンカで絶対にやってはいけない行動

大好きな恋人とずっと仲良くしていたいけれど、
どんなに仲の良いカップルでもずっと一緒にいれば、
ケンカなどのトラブルは避けられないものです。

別れるつもりはないけれど、大きなケンカをしてしまった。

そんな時、絶対にやってはいけない行動がいくつかあります。

下手をすれば彼に別れを告げられてしまうかも…。

今回は「恋人とのケンカで絶対にやってはいけない行動」について考えてみましょう。

彼のトラウマやコンプレックスを刺激する

ケンカをして、いくら感情的になっているとはいっても、
決して口に出してはいけないことがあります。

それは、彼のトラウマやコンプレックスを刺激するようなことです。

例えば前の彼女に浮気されたことのある彼氏に、
「そんなんだから前の彼女が浮気したんだよ」とか、
身体的なコンプレックスを抱えている彼氏に「〇〇のくせによくそんなこと言えるね」など、
絶対に彼が傷つくことがわかっているような言葉を選んで口に出してはいけません。

恋人同士という親密な間柄であっても、言っていいことと悪いことがあります。

 

彼の友人に愚痴る

彼とケンカをして彼のことがよくわからない、
だから彼をよく知っている人に相談しよう…と、
彼の男友達に相談したり愚痴を言ったりする人がいますがこれも良くありません。

自分の友達から”自分に関する愚痴を彼女が言っていた”
と伝えられた時の彼の気持ちを考えてみましょう。

恋人にしか見せないプライベートな部分を男友達に知られる恥ずかしさもありますし、
人によっては自分の友達と彼女が二人で会うのを嫌がったり、
二人の間に何かあったのではないかと疑ったりすることもあります。

SNSでケンカをしたと公表する

『彼氏とケンカして最悪…』などと、
誰にでも見られるSNSにアップすることも絶対にやめましょう。

大抵の男性はあまりプライベートすぎることを公表されるのを嫌がります。

恋人同士の問題は二人だけで解決すればいいことです。

彼女のSNSでさも自分が悪者のように書かれて、
詳しい事情も知らずにそれを見た人から「もっと彼女を大事にしなよ」
などと言われることがあれば彼もうんざりしてしまいます。

余計にケンカが長引くこともあるでしょう。

ケンカに限らずカップル間のプライベートなことを全世界に公表するのはやめましょう。

 

腹いせで浮気をする

ケンカをして、彼への怒りが収まらない。

または悲しくてたまらない。

だから他の人と浮気をしてやろう!これも絶対にダメです。

どんな理由があったとしても、
または彼に浮気をされたからと言っても自分が浮気をするのはやめましょう。

腹いせで好きでもない人と関係を持つのは不誠実ですし、
何より精神衛生上良くないことです。

罪悪感で苦しんだり、またはケンカをするたびに、
そういうことを平気で繰り返すようになったりするかもしれません。

そんな自分を好きでいてくれる人はいるでしょうか?

彼氏が浮気をしたのがケンカの原因でも、同じことを自分もする、という選択はしないように。

別れる気もないのに別れようと言う

売り言葉に買い言葉で「もう別れる!」と口に出してしまうこともあるかもしれません。

しかしそのような大事なことをケンカですぐ口走るような女性を男性は好みませんし、
呆れられて「わかった、じゃあ別れよう」と本当に別れてしまうことにもなるかも。

本当にそのつもりがないのなら、
「別れよう」という言葉で彼を脅し、言うことを聞かせようとするのはやめましょう。

 

感情的にならないようにしよう

カップルでケンカをして、
感情的になってしまうのは男性より女性の方が圧倒的に多いです。

気持ちはよくわかりますが、彼とずっと一緒にいたいという気持ちがあるのなら、
まずは一度心を落ち着かせ、よく考えてから行動をしましょう。

あなたにおすすめの記事