占い・風水

タイで大人気のパワースポット! 満願成就の「ピンクガネーシャ」

タイのチャチュンサオにあるお寺、ワット・サマーンラタナラムの人気がスゴイ。

宗派を超えて集まる神様のテーマパークのようなところだが、そこにある巨大ガネーシャにお願い事をするとパッと叶ってしまうという噂が……。

大人気!どんな願いも叶える太っ腹なガネーシャ

霊験あらたかとの噂が拡大中のガネーシャは全長22メートルの巨大さと全身ピンク色という寝姿。

ここでの参拝には作法があって、寝ているガネーシャ様に直接お願い事をしてはいけない。

ガネーシャ像の前にいるネズミさんに伝言してもらうことになっている。

たくさんあるネズミ像のなかで、伝言役ができるのは2体。

白いネズミだけがガネーシャに願いを伝えてくれるそう。

白ネズミにお願いを伝える方法

片方の耳にそっと耳打ちするように願いを囁き、もう一方の耳を手で塞ぐようにする。

そうしないと、願い事が聞き流されてしまってガネーシャに伝言してもらえないとのこと。

金運アップの金のネズミ

寺院内には、白の伝言役ネズミ以外にもカラフルなネズミが複数配置されている。

なかでも、金色のネズミは金運を上げてくれるということでお供えものをしたり、像を撫でたりする人もいるようです。

タイ旅行の際には、この寺院を訪れてみてはいかがでしょうか。

きっと現地で感じるものがあると思います。

どんな願いも速やかに叶えてくれるという、ピンクガネーシャ。

太っ腹でユニークな寝姿を壁紙にすると「福」が舞い込みそうです。

どんな願いも叶う!? ガネーシャの不思議

様々な種類があるガネーシャの中でも、特に金運&家族運アップにご利益があるガネーシャにスポットを当ててご紹介します。

タイへご旅行の際にはぜひお立ち寄りください!

財運・金運アップのガネーシャは?

タイ人にとってゾウは幸運の象徴でもある。

仏教国のタイでガネーシャが人気なのには色々と理由がありそうだ。

探ってみると、ワット・サマーンラタナラムにあるピンクガネーシャ像の台座には32種類のガネーシャ像が彫られていてポーズや色、持ち物や乗り物なども多種多様。

それぞれご利益が違うとのこと。

巨大なピンク色の寝姿ガネーシャ像の台座にある32種のガネーシャ彫刻。

その彫像の横にはタイ語で説明が記されている。

どれも特徴的でインパクトのあるガネーシャだが、そのなかから「金運」ご利益のあるものを探してみることに。

10本の腕を持つレッドガネーシャ 「マハー・ガナパティ」

ヒンドゥ教で描かれるガネーシャ(別名:Ganapati)は人間の体に象の頭、4本の手があり、牙は片方が折れている。

でも、ワット・サマーンラタナラムにある32種の彫像はバラエティに富んでいる。

そして、色が赤で手が10本あり女神を抱えているもの(Maha Ganapati)が富を引き寄せるガネーシャだそう。

このマハー・ガナパティは家族を幸せにして、大きな富と仲間を連れてくるとされている。

太鼓腹で象の頭を持つユニークな神、ガネーシャ。

色や持ち物にはバリエーションがあり、その手はときに10本にもなる…… 。

この赤いマハー・ガナパティにあやかれば、家族運と金運をセットでアップできそうだ。

ABOUT ME
アバター
きくりん

しんり探究家

長崎出身。関西の大学院で心理学を学び修士号取得。

1998年から5年ほどTV番組のリサーチャーとして20番組以上の企画制作に携わる。(メインの担当番組は「特命リサーチ200X」)

ヒラメキ力のあるTV番組のリサーチャーとして世界中の情報をウラとオモテから収集。

真実の追求をモットーにした専門的なリサーチ力を活かしたコンテンツ企画・メディア運営には定評がある。

その後、IT業界へ転身。2009年まで、ケータイサイトのコンテンツプロバイダー会社役員として経営やコンテンツプロデュース業に従事。

2010年に独立し、タイへ移住。

現在、しんり探究家として地球問題リサーチやウェブライティング活動中。

Official Facebook

★きくりんさんの記事一覧★

関連記事