美容・コスメ

【応急処置!】鼻だけ化粧ノリが悪い日はどうしたらいいの?

化粧ノリが悪く、メイクが綺麗に仕上がらないと、
気分も落ち込んでしまいますよね。

特に鼻はお顔の中心部分で目につきやすいもの。

化粧ノリが悪いと毛穴が余計に目立ったり、
すぐにメイクが崩れてしまったりと大変…。

 

そこで、今回は化粧ノリが悪くなる原因対処法などをご紹介!

いつでも調子のいいお肌で、常に綺麗なお肌を目指しましょう。

➀お肌タイプ

一般的にお肌タイプは、大きく分けて5つに分類されます。

 

普通肌

水分量・皮脂量のバランスが良く、健康で理想的なお肌

乾燥肌

水分量・皮脂量が少なく、全体的に乾燥しカサカサしているお肌

脂性肌

水分量・皮脂量がともに多くべたついているお肌。オイリー肌とも呼ばれる

混合肌

乾燥肌と脂性肌が合わさったお肌。顔の部分によって乾燥したりテカったりする

敏感肌

外からの刺激に弱く肌トラブルを起こしやすいデリケートなお肌

自分のお肌タイプを正確に把握することは、
肌トラブルを未然に防げるだけでなく、
化粧ノリが悪くならないよう対策をとることも可能です。

➁化粧ノリが悪くなる原因

なぜ化粧ノリが悪いという状況が起こってしまうのか。

化粧ノリが悪くなる原因について、
一般的に考えられることをご説明していきます。

肌表面に皮脂が多い

  • スキンケアがしっかり馴染んでいない
  • 肌表面に皮脂や油分が多い

このような場合は、肌にメイクが密着しづらくなります。

少し時間をおいてスキンケアを肌に馴染ませたり、
適度に皮脂をオフしたりしてから行いましょう。

 

お肌の乾燥

乾燥したお肌はキメが荒く、メイクをしても上手く馴染みません。

口周りや顎がかさつき、粉をふいてしまう可能性も・・

お肌は乾燥すると皮脂を多く分泌するので、
結果的に崩れやすくなってしまいます。

 

古い角質がたまってごわついている

毛穴が詰まっていたり、古い角質がたまっていたりすると、
肌がごわつきメイクがうまくのりません。

余分な角質を取り除くことで、つるつるなお肌になりましょう。

 

生活習慣の乱れ

「寝不足の日が続くと肌の調子が悪くなる・・」

という経験のある方いらっしゃるとおもいます。

  • 体調不良
  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れ

など、生活の乱れはお肌の調子に大きく影響を及ぼします。

健康的な生活を送ることで、化粧ノリが悪くなるのを防ぎましょう。

 

メイク方法

実はスキンケアだけでなく、メイクの方法にも原因があります。

下地の量が少なすぎると、
お肌の凹凸がカバーしきれず、ファンデーションがまだらになってしまいます。

逆に下地の量が多すぎるとムラになりやすいので、
適量を使用するようにしましょう。

③化粧ノリのいいお肌を作るポイント

では、化粧ノリのいいお肌を作るにはどうすればよいのでしょうか。

気を付けてほしいポイントを、いくつかご説明していきます。

 

1.スキンケアを適切に行う

自分のお肌タイプや悩みに合ったスキンケアを行い、
健康的なお肌を目指しましょう。

スキンケアでお肌に栄養と潤いをしっかりと与えることで、
お肌の調子を整え、翌日の化粧ノリも良くなります。

角質ケアもしっかり行い、
前日の化粧ノリが悪かったり乾燥が酷かったりする場合は、
「パック」をスキンケアに取り入れるのもいいでしょう♪

また、皮脂を取りすぎるとかえってお肌が乾燥し、
ますます皮脂を分泌してしまうので脂取り紙の使い過ぎには注意をしてください。

 

2.生活習慣を整える

しっかりと睡眠をとりながら、バランスの良い食生活を心掛けましょう。

身体を休めることは、お肌を休めることにも繋がります。

腸内環境が悪いと、老廃物がたまりお肌の調子も悪くなりがち・・

外食ばかりでは食事のバランスがとりづらく、必要な栄養素も十分には取れません。

しっかり野菜もたっぷり入ったバランスの良い食事を摂りましょう。

 

3.正しいメイク方法を行う

お肌にスキンケアをしっかりと馴染ませたら、余分な皮脂をオフ。

ムラにならない為にも、
下地・ファンデーションともに適量を使いましょう。

下地をお肌にしっかりと密着させることで、
その後のファンデーションのノリや化粧が長持ちする事にも繋がります。

 

④化粧ノリが悪い日の緊急対処法

化粧ノリが悪かったときの緊急対処法をご紹介していきます。

 

★マッサージをする

マッサージを行って、血行を良くしましょう。

むくみが取れてお肌があったかくなるだけでなく、
その後のスキンケアの浸透も良くなります。

お肌を擦らないように、
必ずクリームなどで滑りを良くした状態で行ってくださいね。

 

★たっぷり保湿をする

スキンケアがとても重要!

たっぷりとお肌を保湿することで、
ふっくらもちもちお肌になって化粧ノリも変わります。

化粧水を何回も重ね付けしたり、
朝からスチーマーやパックを使ったりするのもいいでしょう。

特に、鼻はテカリが気になりやすい部分なので、
しっかりと保湿をして乾燥を防ぎましょう。

 

★上から軽くスポンジでオフ

メイク途中で気づいてしまった応急処置として、
軽くスポンジで余分な油分や下地をオフし整えましょう。

どうしても気になる場合は、
乳液で一度オフをし保湿してからメイクを行いましょう。

 

⑤まとめ

いかがでしたか?

化粧ノリが悪い!と気がついたときには、もうメイクは始まっているもの。

事前に中々気づきにくいからこそ、
日頃から丁寧にケアをすることがとても重要です。

30代、40代でも常にメイクノリのいいお肌で、
綺麗なお肌を目指しましょう!

ABOUT ME
アバター
もえむ

女性フリーライター

「もえむ」という名前で執筆活動を行っています。

主に美容・旅行・グルメ・映画関連の執筆を行う。

さらなる知識を身につける為、現在は日本化粧品検定1級合格に向けお仕事の傍ら勉強に励んでいる。

★もえむさんの記事一覧★

関連記事