美容・コスメ

【そろそろ卒業したい】カラコンをやめたいあなたへの一押し

いつの間にか、

カラコンなしでは外に出られない!

ほど毎日に欠かせないカラコン。

黒目を大きく見せてくれるので、
メイクよりも信頼のおける存在だという方も多いのではないでしょうか。

しかし、長年カラコンをつけていると、
つけていないときの目に自信がなくなり、
やめどきが分からなくなっていませんか?

今回は、知らず知らずのうちにカラコン依存に陥ってしまった方に、
裸眼美人になれる方法をお伝えしていきます!

カラコンをやめるタイミングとは?

手軽に目を大きく見せてくれる魔法のようなアイテムですが、
やっぱり気になる安全性

とはいえ1度付けしまうと、
なかなかはずして外出するのに勇気が必要になってきますよね。

メイクのトレンドや好みが変わったり、職場がNGの場合もありますが、
やはり止めようか悩むのは、大人の女性になってきたからではないでしょうか?

やめるタイミングは、今日でも明日でも思い立った時からできます!

ですが、急にやめてしまうとかえって逆効果。

少しずつナチュラルにして、元の目の大きさに慣れるようにしましょう!

カラコンをやめるメリットは?

1.メイクがもっと楽しくなる!

年齢を重ねるにつれて、似合うメイクは変わってきます。

カラコンで大きい目になっても似合わなくなってきたな・・・
と感じる時がくるはず。

カラコンをしなくても似合うメイク法を追求することで、
さらに可愛くなり、メイクすること自体楽しくなってきますよ!

2.裸眼の顔が好きになれる!

カラコンをして、
はずすと自分の裸眼の小ささにショックを受けますよね。

目が小さいこと、三白眼に悩んでいる方は、
尚更裸眼の姿を人に見せるのが嫌になっているかもしれません。

しかし、カラコンをしなくなれば裸眼の姿にも見慣れてくるので大丈夫です!

3.目の病気のリスクが減る!

安全性の高いカラコンを付けていても、
やっぱり気になる目の病気のリスク

一日中付けている方は、ドライアイのリスクも高まってしまいます。

目が充血したり、乾きやすくなったり、
といったトラブルがなくなるのもカラコンをやめるメリットです!

4.表情が豊かになる!

目を大きく見せてくれる分、目の動きが感じられにくいので、
どこか人工的な表情になってしまうのがカラコンのデメリットなんです。

カラコンをやめれば、違和感のない表情になりますし、
カラコンがズレることを気にしなくていいので、
思いきり笑えるようになります。

カラコンをやめる方法とは?

毎日付けていたカラコンを急にやめると、
違和感があって慣れないと思います。

少しずつ慣らしていくことがポイントです。

徐々にカラコンから卒業する方法をお伝えいたします!

1.まずは、ナチュラルなカラコンにチェンジ!

少しずつ小さく、
黒目に近いカラーのカラコンに変えていくのが最大のポイント!

今までよりもナチュラルなカラコンにすると、
最初は物足りなさを感じるかもしれませんが、3日もあれば慣れます。

休日などの人と合わない日から挑戦してみてください!

2.裸眼メイクに挑戦する!

 

View this post on Instagram

 

yukapさん(@yukap_17)がシェアした投稿


カラコンに合わせてメイク方を変える必要がなくなるので、
その日の気分やファッションに合わせてメイクを変えられます。

黒目の上の部分のアイラインを少し太めにひくと、
黒目が強調されて大きく見えます。

涙袋は、しっかり強調させるように微細なパールを丁寧にのせれば、
白目とともに黒目も強調されます。

カラコンを付けている時よりアイメイクが控えめになったら、
発色の良いリップを付けると全体のバランス◎

3.前髪の長さにこだわる!

美容師さんと相談して、
目が大きく見える前髪の長さにカットしてみましょう。

ふんわり巻いてみたり、重めのぱっつん前髪にしてみたり、
目が大きく見える前髪は人それぞれ。

前髪によって、目の見え方が変わってきますので、
ぜひ相談してみてください!

 

カラコンを卒業して、もっと理想的な自分に!

気付けば、同世代の友達や憧れの芸能人も、
カラコンを卒業してナチュラルな美人に。

毎日カラコンをしているあなただって、
きっと裸眼でも素敵になれます!

慣れ親しんだカラコンをやめるのは少し寂しいかもしれませんが、
もっと素敵女子になるために、
カラコンを卒業してみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
moka
moka

コスメ収集とヘアアレンジが好きな美容オタクの元美容師です。

ちょっぴり毎日が楽しくなるような知識をお伝えできたら、と思っています。

★mokaさんの記事一覧★

関連記事