恋愛

ラブラブは最初だけ?いつまでも仲睦まじいカップルでいる方法とは?

付き合いが長くなると、
関係が安定してくる一方で『マンネリ』が訪れるもの。

マンネリになると、

  • ドキドキ感
  • 新鮮な気持ち
  • ラブラブな雰囲気

これらが失われていきます。

付き合いたての頃のときめきや気持ちを維持できず、
冷めきった空気が流れてしまうのです。

そんな恐ろしいマンネリを打破し、
いつまでも仲睦まじいラブラブカップルでいるための方法をご紹介します。

参考にしてみてくださいね!

①記念日を作る

ドキドキ感や新鮮さを忘れずに維持するには、
当時の感覚や気持ちを思い出すことが効果的です。

そのための方法として、『記念日』を作ることがあげられます。

初めて付き合った日などを記念日にしている人も多いですが、
1年に1回では効果が薄くなってしまいますよね。

ですから、

  • 初めてデートした記念日
  • 初めてプレゼントを贈った記念日

など、自分たちだけの記念日を作り出しましょう。

あまりたくさん作りすぎてもいけませんが、
月に一回程度は何かの記念日を祝ったり、思い出すだけでも効果があります。

こうするだけで最初だけ盛り上がるのではなく、
ドキドキ感を維持することができますよ!

②遊ぶときは新鮮な経験を求める

長くいると、ラブラブだったカップルも、
色々なことに慣れてしまうものです。

しかし、マンネリを恐れるあまり、
刺激を求めてあまり挑発的なことをすると、
かえって関係が冷めることもあります。

無理なく自然にドキドキ感や新鮮さを得るためには、
遊びで新鮮な体験をするように心がけてみましょう。

具体的には、

  • 初めての経験や慣れないことにチャレンジする
  • 行ったことのない場所に一緒に行く

などです。

初めての経験は、
落ち着いた関係になっても新鮮さやドキドキ感をもたらします。

また、普段とは違う体験をすると、
お互いの知らない面を教えてくれるきっかけにもなります。

 

③スキンシップを毎日とる

「お互いに慣れてきて、最近はちっともスキンシップをとってない……」

こうなると、お互い相手を異性として見れなくなるだけでなく、
相手に興味さえ失って、冷たい空気が流れがちです。

仲睦まじいカップルになるためには、冷ややかなムードは御法度です。

末長くラブラブな関係でいるために、
スキンシップはなるべく毎日とるようにしてください。

毎日スキンシップをとることで、
お互いを異性として見るスイッチが入り、
ときめきやドキドキ感をもたらしてくれます。

このスイッチは長くいればいるほど鈍感になってしまいます。

毎日スキンシップをとってまめにスイッチをオンにし、
相手を異性として意識してくださいね。

④会話を楽しむ

いつまでも仲睦まじいカップルになるために、
会話を楽しみましょう。

とても単純なことですが、
会話を楽しむことで和やかな空気が作り出されます。

普段から和やかな空気でいることが、
ラブラブな雰囲気作りにとても役立つのです。

落ち着いた関係になった後、仲睦まじいカップルになれるかどうかは、
普段のコミニュケーション次第です。

お互いに会話を楽しめる相手は、
人間として魅力的で心地よいため、パートナーとして大切にされるのです。

長く付き合っても良い関係でいるために、
会話を楽しむことを忘れないでくださいね。

 

⑤彼に愛されるように女磨きを怠らない

いつまでも仲睦まじいカップルでいるために、
彼に愛されるような女磨きを頑張りましょう。

関係が落ち着いてくると、女性の方が安心しきってしまい、
魅力的でいるための努力をしなくなるケースが少なくありません。

そうなると、彼から女として見てもらえなくなり、
関係を悪化させてしまいがちです。

異性として見られないのは女として辛い気持ちになり、
結果的に苦しむことにもなりかねません。

「彼の理想になるべく沿うように」
「末長く良い関係でいられるように」

きちんと女磨きをしましょう。

また、自分本意の女磨きをするあまりに彼の好みからそれたり、
意識が高すぎてかえって息苦しくなることもあります。

いつまでも仲睦まじいカップルになるための女磨きは、
あくまで彼のために、彼の好きな女性を目指すことを忘れないでくださいね。

 

ちょっとした工夫と努力で末長くラブラブカップルを目指そう

『いつまでも仲睦まじいカップルでいるための方法』
をご紹介しましたが、いかがでしたか。

マンネリは嫌なものですよね。

しかし普段からちょっとした努力をすれば、
ときめきやドキドキ感を維持できます。

お互いにいつまでも幸せでいるように、
ラブラブで仲睦まじいカップルを目指しましょう!

関連記事