美容・コスメ

顔の産毛って剃った方がいいの?気になる頻度と正しい処理方法

顔をよく見てみるとこっそり生えている産毛

気になるけれど、剃っちゃうと濃くなるのかな?
とそのままにしている方も多いのではないでしょうか。

実は、顔の産毛は正しく処理すればメリットがたくさんあるんです♡

今回は、気になる顔の産毛の処理方法から頻度注意点までお伝えしていきます!

顔の産毛は剃ったほうがいいの?

ナチュラルメイクがトレンドの今、
肌の質感をコントロールすることはとても大切ですよね。

そんなとき、顔の産毛を正しく剃っておけば、
朝のメイクも楽になっちゃうんです♡

気になる鼻の下や口周りの産毛だって、
正しく処理をして、いつ接近しても大丈夫なキレイな肌をゲットしましょう!

顔の産毛を処理することでメリットがある一方、
正しく処理しないと肌に負担をかけてしまいます。

メリットとともに、
デメリットも知って産毛の処理をしていきましょう!

顔の産毛を剃ると、肌にうれしいメリットがたくさん♡

よく見ないと分からない産毛でも、
正しく処理をすればたくさんのメリットがあるんです!

1.肌のトーンアップ

顔の産毛を剃ることで古い角質も一緒に取り除いてくれる、
ピーリングのような効果も期待できます。

古い角質が肌の表面に残っていると、ごわつきやくすみの原因に。

カミソリを使って産毛を処理することで、
古い角質まで取り除いてくれるので、肌がワントーン明るくなります♡

2.化粧水がぐんぐん浸透する

産毛が生えていると、
肌に一枚膜が張っているような状態。

剃ることで、
化粧水や乳液などの成分が肌の内側まで浸透しやすくなります。

3.肌のトラブルを起こしにくくする

肌のトラブルを引き起こす皮脂や汚れは、
産毛に絡み付いて落ちにくくなることも。

産毛を処理してつるつるの状態にしておけば、
皮脂や汚れが溜まることがありません。

ニキビや吹き出物などのトラブルを予防することができます!

4.メイクノリも良くなる

産毛が生えている状態の肌の表面は、
凹凸があるのでメイクノリが悪くなりがち。

産毛を処理して肌をつるんとした状態にしておくことで、
ファンデーションのノリが良くなります。

ファンデーションだけでなく、
チークやハイライトの発色も良くなりますよ♡

 

メリットがたくさんある一方、デメリットも。

間違った処理をしてしまうと、肌が傷付いてしまいます。

また、肌に必要な油分や栄養まで取り除いてしまうので、
乾燥しやすくなることもあります。

正しく処理をすれば防げることですので、
間違った処理をしないように気をつけましょう!

顔の産毛剃りには、どんなカミソリを選べばいいの?

顔の肌はとてもデリケートなので、
体のパーツ用ではなく、フェイス用のカミソリを選ぶようにしましょう。

毛抜きやピンセットで一本ずつぬいてしまうと、
肌が傷付き、毛穴トラブルを招いてしまいます。

 

そこでおすすめなのは、『I字型のフェイス用カミソリ』

体用のT字のカミソリよりも細かいところまで剃りやすく、
鏡で確認しながら剃ることができます。

直接肌に当たらない、安全ガードが付いていますので、
肌を傷付けることがなく安心して使えますよ。

 

そして、『電動シェーバー』

I字形のカミソリを電動にしたようなタイプのシェーバーです。

浅めに剃るので、こまめに処理する必要がありますが、
肌への負担が少ないので敏感肌の方でも安心して使えます。

 

正しい顔の産毛処理の方法は?

剃る前の準備アフターケアをしっかり行えば、
肌への負担を最小限に抑えることができます。

いずれも簡単な方法なので、ぜひ取り入れてみてくださいね♡

1.優しく洗顔をする

いつもの方法でメイクを落とし、洗顔をしていきましょう。

汚れを落としてから産毛処理をすることで、
雑菌などが肌に入り込むことを防ぎます。

メイクをしていない時でも汚れは付着していますので、
きちんと洗顔しましょう。

肌に刺激を与えないように、
スクラブ入りの洗顔やピーリングは行わないようにしてくださいね。

2.肌を温める

蒸しタオルやスチーマーを使って肌を温めると、
柔らかくなって産毛が立つので剃りやすい状態になります。

肌が乾燥している状態で剃ってしまうと、
肌を傷めてしまいます。

温めるのは特に大切な準備です。

めんどくさいなぁ…
という時は、お風呂上がりでも大丈夫ですよ。

3.クリームや乳液を塗った状態で剃る

カミソリのすべりを良くするために、
クリームや乳液をたっぷり塗りましょう。

シェービング用のクリームでも、もちろんOK。

クリームや乳液は、
毛流れとは逆方向に塗ると、寝ている毛が立つので剃りやすくなります。

洗顔フォームなどの泡は、長時間肌にのせていると乾燥します。

余分な栄養分まで落としてしまうのでやめておきましょう。

4.毛の流れに沿って、剃る

あらかじめ塗ったクリームとは逆に、
毛の流れに沿うように剃っていきます。

優しく丁寧に、なるべく一度で剃るようにしてください。

何度も同じ場所にカミソリを当ててしまうと、
肌が傷付いてしまいます。

また、毛の流れとは逆に剃ってしまうと、毛の断面が目立ってしまいます。

そうすると、次に生えてくる産毛が濃くなったように感じてしまうのです。

剃り残しがないように、
顔の上から下に、おでこや頬の広い部分から、
目元や小鼻の細かいところを剃っていくと良いですよ。

5.洗い流す

剃り終わったら、ぬるま湯か水で洗い流しましょう。

クリームや剃った毛だけでなく、古い角質なども一緒に落ちます。

6.クールダウンさせて、たっぷり保湿

カミソリ負けをしないよう、
冷やしたタオルや化粧水でしっかりクールダウンすることを忘れずに。

産毛を処理した後の肌は、刺激を受けて敏感になっています。

たっぷり保湿して乾燥を防ぎましょう。

 

顔の産毛を剃る頻度はどれくらい?

頻繁にカミソリを使ってしまうと、肌荒れしてしまう心配があります。

産毛が生え揃ってくるのが20日前後ですので、
1ヶ月に一回を目安にしてください。

気になりやすい鼻の下や口周りでも、
必ず一週間は空けるようにして、続けて行わないようにしましょう。

 

顔の産毛を処理する時の注意点は?

産毛を処理することでたくさんメリットがあります。

しかし間違った処理を続けていると、
肌に大きな負担がかかりトラブルを引き起こしてしまいます。

注意すべきポイントもしっかりおさえてくださいね。

清潔なカミソリを使う

肌の状態を良くしていても、
使うカミソリが汚れていると肌にダメージを与えてしまいます。

カミソリやシェーバーは清潔にして保管し、
剃りにくくなってきたら交換しましょう。

生理中は産毛処理をしない

生理の時の肌はとてもデリケートです。

普段とは違い、少しの刺激で肌トラブルを招く可能性がありますので、
生理中は避けましょう。

肌が荒れている時はやめておく

肌トラブルをしている時に産毛処理してしまうと、
更に悪化してしまうかもしれません。

特にニキビなど炎症を起こしている場合は、
雑菌が入り込みやすい状態です。

肌の状態が良い時に行うようにしましょう。

 

正しく顔の産毛を処理して、もっとキレイな肌に♡

顔の産毛をキレイに処理をすれば、
スキンケアの効果を実感しやすく、メイクがもっと楽しくなります!

いつでもつるんとした肌を手に入れて、
今よりもっとキレイな肌を目指しましょう♡

ABOUT ME
moka
moka

コスメ収集とヘアアレンジが好きな美容オタクの元美容師です。

ちょっぴり毎日が楽しくなるような知識をお伝えできたら、と思っています。

★mokaさんの記事一覧★

関連記事